メリットは多い

白い台所

住宅ローンの返済が困難になって、不動産を売りたいと思っても、住宅ローンが残っているうちは抵当権が付いているため、売ることは困難です。住宅ローンの返済ができなくなり滞納が続くと、競売の手続きに入りますが、競売は市場価格の5割から7割程度の値段しかつかない、物件が競売にかけられていることを近所に知られてしまい強制退去させられるまでの間の精神的負担などデメリットが大きいです。そこで、任意売却という手段があります。任意売却は競売が開始されるまでに行なわなければなりません。 任意売却のメリットとして、不動産物件をほぼ市場価格で売却できること、近所に知られずに売却できることなど競売よりもはるかにメリットが大きいです。交渉によっては引越し費用や生活資金などを手元に残せる可能性もあります。 不動産の任意売却の費用は、宅地建物取引法で定められており、「成約価格の3%+6万円+消費税」です。これは成功報酬であり、任意売却が成功した後に不動産物件の売却価格から引かれますので、手持ちの資金は必要ありません。これも任意売却のメリットです。

不動産任意売却とは、競売開始決定が成されている不動産物件について、競売開始に先立って、債権者の同意を得て、不動産を任意に売却することです。 競売はその特性上、売買価格が不確定なため、債権者は貸付金の全額回収について高いリスクを負うことになります。しかし、任意売却の場合、競売と違い売買価格を決定させることができるため、例えばあらかじめ任意の価格(貸付金)に設定することによって、契約が成立すれば貸付金回収リスクを負わなくてよいということになります。 また不動産任意売却の場合、購入者に同じメリットがあると考えられます。競売は入札のため、購入価格が不確定ですが、任意売却の場合はあらかじめ売買価格が確定されているため、より確実に売買契約が締結できます。