入居のときに必要

鍵の束

賃貸住宅は契約の際には初期費用が発生し、その費用は決して安いものではありません。 そのため、どういった用途になるのかをしっかり把握しておく必要があります。 初期費用で高額となるのは敷金と礼金となり、家賃の1〜2か月分が相場となります。 敷金は退去時の現状回復の補修費用や、万が一家賃の支払いが遅れた際に充てられる保証金の役割となり、使われなかった場合は返却されます。 それに対し、礼金はマンションの賃貸物件のオーナーに支払われるもので、本来の意味合いでは賃貸契約に対するお礼として支払われています。 実際は、オーナー側が不動産屋に支払う仲介手数料や設備の修復など借主の負担義務のない修繕費用充てられ、オーナーの利益になることは少ないようです。

最近では、敷金と礼金を無料にした賃貸物件が多くあります。 まず、公的融資により建設された物件や、UR賃貸、公的機関が貸主となる物件などは礼金が発生することがなく、借主にとては非常にメリットがあります。 また、それ以外の物件でも、空き部屋を早く埋めるために、敷金礼金を無料にして、入居者を集めるといったものがあり、立地条件が良いなど人気のある物件ではあまり見られません。 仮にそういった人気のある物件が無料の場合は、築年数が古く老朽化が激しいものや設備が古いもの、家賃が相場よりも高いものや、騒音被害が多く他の住人とのトラブルが起こりやすい、といったデメリットがある可能性があり、注意が必要です。 事前に下見に行き、物件の状況を見極めることが重要といえます。